生きた証を遺す自分史映像「キネマ自分史」 生前葬に役立つ情報とサービス

生前葬のご相談
06-6228-1010

生きた証を遺す自分史映像
「キネマ自分史」

あなたの映画を創ります。
あなたの人生は偉業でなくても、みなすべてが美しく、歴史であり文化です。
一人の人間が一生懸命生きた証をご本人の言葉で遺したいと思います。
ご家族だけでなく、あなたを知らないあなたの子孫達もあなたを誇りに思えるよう、
映像で遺してはいかがでしょうか。

1.自分史映像「キネマ自分史」とは

1.自分史映像「キネマ自分史」とは

自分史を撮影しませんか?と尋ねると大抵の方は「何も撮るものなんかない」「普通の人生や」とおっしゃいます。
しかし、私達はこう答えます「これまで◯十年生きて来られたその時間が、歴史であり文化でもあるのです。」と。

自分史映像「キネマ自分史」は普通の一般の方を対象とした、一生涯を綴ったドキュメンタリー映像です。脚色もせず、できるだけご本人やご家族のインタビューを形にします。

偉業でなくてもいいのです。何もしなければあなたの人生は何も残りません。 何もないのと同じことです。あなたを知らないお孫さんやひ孫さんたちに、自分のルーツとして、あなたの人生を遺してあげてください。
一人の人間が生きた証を、ご家族や子孫のために遺す、それが自分史映像「キネマ自分史」です。

2.自分史映像「キネマ自分史」のメリット

財産や土地、家などといった遺産の相続は、専門家の方がいます。しかし、あなた想いや、生き様といった”心の相続”には専門家はいません。本当はそれこそが、子孫に遺すことができる最も大きな財産だと考えています。

自分史の文章を自分で書くことはとても大変です。しかし、自分史を映像でしかも専門家に撮影してもらうことで非常に簡単にできてしまうのです。自分史映像を創ることには下記のような意外なメリットもあるのです。

  1. (1)楽しく、簡単に自分史ができる

    自分史映像を創るにあたって、文章を書く必要はありません。「インタビューのプロ」がじっくり話をお聞きします。あなたは人生を振り返りながら、楽しく昔話をしてください。

    (1)楽しく、簡単に自分史ができる
  2. (2)楽しく簡単に終活ができる

    自分史映像の制作過程はまさにエンディングノート。しかし、自分で考えて書く必要は全く無く、専門家の質問に答える形で、お話を聞かせてください。
    懐かしい昔の想い出を楽しく話しているうちに、あなたの”リアルエンディングノート”が完成します。

    (2)楽しく簡単に終活ができる
  3. (3)アルバムの整理ができる

    たくさんのアルバム、整理されていない写真、今と違うとはいえ結構写真は残っているものです。しかし、普段はほとんど見ないし場所を撮るけれど、捨てられないといった具合にアルバムや写真の処分には皆さんお困りです。自分史映像ではあなたの昔話に合う写真をピックアップし、映像に反映します。あなたは、楽しくおしゃべりをしているうちに、写真の整理、保管までできてしまうのです。

    (3)アルバムの整理ができる
  4. (4)脳の活性化、認知症予防になる

    眠っていた記憶を思い出したり、話しをまとめることは、普段つかっていない脳の回路を繋げるなどの運動にもなり、脳の活性化・老化・認知症の予防にも効果があるといわれています。
    これは「回想療法」といい、1960年代にアメリカの精神科医ロバート・バトラー氏によって提唱され、欧米や日本の医療現場では認知症の予防としてよく知られている心理療法です。
    楽しみながら、健康になれるそんなメリットもあります。

    (4)脳の活性化、認知症予防になる
  5. (5)家族や親戚、懐かしい知り合いとの接点ができる

    自分史を辿るなかで、記憶の曖昧な部分や不明瞭な部分がでてきます。そんな時はご家族にも聞いてみてください。さらにご親戚、ご友人にも思い切って連絡してみてください。「自分史を創ってるんだけど・・・」というきっかけで、人生の大切な人に久々に連絡をとることができます。

    (5)家族や親戚、懐かしい知り合いとの接点ができる
  6. (6)思いを肉声で伝えることができる

    大切な人への思いを直接メッセージとして遺すことができます。直接言うのはちょっと照れくさいかもしれませんが、映像で伝えることであなたの気持ちが伝わります。
    思い切って思いを伝えると、これからの人生での関係が変わるかもしれませんね。

    (6)思いを肉声で伝えることができる
  7. (7)あなたのことを半永久的に、たくさんの人に知ってもらうことができる

    自分のことをわかっているのは自分だけです。だれしも家庭では父親あるいは母親の顔、仕事ではそれぞれの役割の顔を持っています。お子様は“お父さん”あるいは“お母さん”の顔しか知りません。
    自分史映像を撮影していると、娘さんや息子さんはみなさん「こんなお父さん知らなかった」とおっしゃいます。どんな人でどんな生き方をしたのか、ぜひ、ひとつの歴史をしっかりと後世に遺してください。

    (7)あなたのことを半永久的に、たくさんの人に知ってもらうことができる
  8. (8)制作過程で人生を振り返り、自分の人生の総括ができる

    普段の生活で人生を振り返ることなどあまりありません。しかし一度自分の人生を辿ってみてください。「何もない」はじめはおっしゃる方にも、そこには数十年の生き様がしっかりと残っています。それは楽しいことばかりではなく、辛いことも恥ずかしいこともあったと思います。数十年を映像にした時、きっと「人生まんざらでもないな」と思っていただけると思います。

    (8)制作過程で人生を振り返り、自分の人生の総括ができる

3.自分史映像「キネマ自分史」の使い方

3.自分史映像「キネマ自分史」の使い方

自分史映像ができたら、ぜひ上映会をしてみてください。
ただの上映会でもいいですし、お誕生日や長寿のお祝い、ご先祖様の法事の際を利用してもいいかもしれません。
あなたを絆に、親戚や大切な人を集めてご縁を繋ぐきっかけにもなります。

また、E-メールで送ったり、ソーシャルメディアや動画サイトにアップして、遠方の親戚に見ていただくことも可能です。

4.料金プラン

  • スタンダードプラン

    価格:100,000より

    写真の自分史スライドショー映像。
    ご家族よりヒアリングし写真を構成。お好きな曲調に合わせ、懐かしい写真をたどっていただけます。アルバムの整理にもおすすめです。

  • ゴールドプラン

    価格:300,000より

    生きた証としてのドキュメンタリー映像。
    写真と、撮影した映像でヒアリングをもとに構成し、御本人あるいはご家族の肉声、写真、映像で、ドキュメンタリー映画を作ります。

  • プラチナプラン

    価格:500,000より

    テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

※下記の表は横にスクロールしてご覧ください

作業内容 スタンダードプラン ゴールドプラン プラチナプラン
写真のスキャン 50枚程度 100枚程度  
ヒアリング・取材・撮影 簡易ヒアリング(1回) 取材・撮影(2回、2日)  
シナリオ作成 なし あり  
編集 修正1回 修正2回  
映像の詳細
仕様 写真のスライドショー ヒアリングをもとにしたドキュメンタリー  
ナレーション なし あり(ただし御本人やご家族の肉声を使用)  
BGM あり(無料のもの)
長さ 5〜10分程度 10〜15分程度  
納品形態
形態 DVD(1枚)※DVDはハードケース、ラベルなし
制作期間
制作期間 ヒアリングから2週間程度 取材から1ヶ月程度  
事前のご準備
ヒアリングシート    
写真    
ビデオ ×  
おすすめ
こんな方に
  • ご両親へのプレゼント
  • アルバムの整理に困っている
  • 御本人は話すことは難しいが何か遺したい
  • すでにご逝去されている
  • 法事用
  • 生きた証を遺したいご本人様
  • ご両親の人生を後世に伝えたいご子息
  • ご両親へのプレゼント
  • アルバムの整理に困っている
 

【オプション】

  • ●ナレーションの収録

    ご本人様やご家族様の肉声の収録が難しく、プロのナレーターによるナレーション収録が必要な場合。
    ナレーション収録 ナレーター1名、1回(収録スタジオ代含む)
    ………¥50,000円〜

  • ●ビデオなどのデジタル変換

    VHS・ VHS-C、8ミリビデオ・miniDVをDVD-R,BD-Rにダビング1本あたり
    ………¥5,000円〜

    ※120分迄のものに限ります。
    ※テープなどの状態によって別途費用がかかる場合があります。
    ※データ変換は専門業者への委託となります。予めご了承ください。

  • ●思い出の場所への旅行、思い出の再会などのお手伝い
    ・企画サポート 旅の日程、プランの企画など ¥50,000〜 ※宿泊やチケットの予約などはお客様で行っていただきます。
    ・撮影 旅への同行、取材・撮影 1日あたり ¥60,000〜 ※2名同行
    ※交通費,宿泊費別途実費
  • ●その他別途費用がかかる場合
    • ①旅費・交通費(実費)※取材、撮影場所が関西(大阪府内、京都府内、奈良県内、兵庫県内)以外の地域の場合
    • ②規定以上の取材日程が生じる場合
      ・取材・撮影日追加 取材・撮影日の追加 1日ごと ¥50,000円〜  
      ・ロケーション撮影日追加 ご自宅以外の場所での撮影 1日ごと ¥50,000円〜 ※交通費,宿泊費別途
      ・シナリオ修正 撮影追加に伴うシナリオ変更 1回ごと ¥5,000円〜  
    • ③有料の音楽、画像、映像素材を使用した場合
    • ④使用した音楽が著作権の問題など生じる場合
    • ⑤ヒアリングシートのご提出がない場合
    • ⑥納品DVDのラベルなどが必要な場合
    • ⑦その他、規定外の作業が必要な場合

5.自分史映像制作の流れ

  1. 1.お申込後、オリエンテーション

    進め方や必要なものなどについて説明します。映像についての詳しいご要望をお聞きします。

  2. 2.お見積り

    ご要望に合わせたお見積りを提出します。

  3. 3.ご契約・スケジュールの確認

    お見積り確認後正式に契約書に押印となります。今後の進め方についてスケジュールを提出します。

  4. 4.ご入金

    前金でのご入金をお願いします。
    ※制作を進める中で別途費用が発生した場合は納品後追加良品をご入金ください

  5. 5.ヒアリング・取材/写真のご提供

    ご入金確認後、制作スタートとなります。取材にお伺いしますので、写真などご準備ください。

  6. 6.編集

    ヒアリングの内容に基づき、粗編集します。

  7. 7.確認/修正

    構成や表記についてご確認ください。修正があれば対応し再度ご確認いただきます。

  8. 8.完成・納品

    DVDにて納品させていただきます。

6.関連サービス

  • 家系図作成

    あなたのご先祖を辿り、ルーツを明確にします。

  • ゴールドプラン

    意外と困るのが遺影用の写真。カメラマンが生き生きとした写真を撮影します。

  • プラチナプラン

    画家 山本勇気氏による、今と昔を描くポートレートイラスト。

  • 終活セミナー

    定期的に終活セミナーを開催しております。

  • フィナーレノートサポート

    フィナーレノート(エンディングノート)について説明しながら一緒に書いていきます。

  • 上映会や生前葬の企画・運営

    ご親戚や友人を集めて上映会をするお手伝いをします。


TEL06-6228-1010

《受付時間 09:30〜18:00》

生前葬に関するお問い合わせ