生前葬に役立つ情報とサービス

生前葬のご相談
06-6228-1010
基礎知識

生前葬は、誰がやってもいいの?何のためにやるの?


生前葬は、誰がやってもいいの?何のためにやるの?/生前葬プロデュースサービス「生前創」

生前葬は一部の芸能人や著名な方、経営者や偉業を成し遂げた方がするもので、自分はそんな対象じゃない・・・と思っていませんか?
最近、お別れ会ということばをよく耳にします。

葬儀自体は家族葬や密葬で行い、落ち着いてから親しい人を集めて個人偲ぶイベントです。宗教儀式でもないため、自由な形で行われることが多いですが、生前葬と同様、こちらも様式のないものです。

亡くなってから、この人は素晴らしかった、とか、感謝のことばを言っても、本人はいません。
だったら、生きている間にそれができないか?その発想が生前葬なのです。

最近は、元気な高齢者が増えています。70歳なんて気力では20代の若者より元気かもしれません。
そんな、方に「生前葬」というと、縁起が悪いと怒られてしまいそうです。
しかし、一旦体調を崩すと一気に衰えるのが高齢期です。その期間は一年や半年と非常に短く、そうなって初めて、もっと早くにいろんなことをしておけば良かったと後悔するのです

「長生きをするということは、人生の下り坂の時期を長時間過ごすだけのこと」といったとらえ方をする方もおられるかもしれませんが、長生きをするということは、人生の成熟期を長く生きていられると言い換えることができます。私たちはこの時期を「エンディング期」と名づけました。そして、エンディング期をハッピーに過ごすためのきっかけになるのが生前葬」と思い当たりました。

「ご長寿のお祝い」「人生の節目」「終活のメーンイベント」など、生前葬が、主催者、主賓、招待者に楽しく貴重なひとときをもたらし、新しい価値観でこれからの人生を歩むために、みなさまの背中を押すことができればと心から願っています。


同じカテゴリーのコラム

もっと見る
もっと見る

TEL06-6228-1010

《受付時間 09:30〜18:00》